頭痛の薬が激痛に効果テキメン|不意にやってくる鈍痛

医者

精神的ストレスによる場合

看護師

発症のメカニズム

頭痛には、寝不足や二日酔い、風邪などによって発症する、患者自身が発症原因を推測できる場合と、患者自身には発症原因を推測できない場合とが存在します。そして患者自身が発症原因を推測できない場合には、脳腫瘍や脳梗塞などのように生命に関わる脳疾患に起因している可能性もあるため、発症原因が推測できる場合よりも大きなリスクがあるのです。そのため、発症原因が推測できない場合には、医療機関で脳の精密検査を受けることが大切なのです。しかし、患者自身に発症原因が推測できない上に、MRIなどによる脳の精密検査を受けても発症原因が特定できないというケースもあります。このようなケースの場合に発症原因が精神的なストレスである可能性が高まるのです。精神的なストレスによって発症する頭痛には、緊張型頭痛と、偏頭痛の2つのパターンがあります。緊張型頭痛はストレスによって首の筋肉が緊張することによって発症し、痛みは主に後頭部に感じるケースが多くなります。一方の精神的なストレスによって発症する偏頭痛のメカニズムは、ストレスによって大脳皮質が興奮して電気活動が低下してしまうと三叉神経が刺激されて炎症が生じてしまいます。そうすると三叉神経から血管作動性の神経ペプチドが分泌され、その血管作動性の神経ペプチドが三叉神経と繋がっている脳の血管に作用して脳血管を緊張させてしまうのです。この脳血管の緊張によって偏頭痛が生じてしまうのです。ですので、脳の精密検査を受けても発症原因が特定できない頭痛が生じた際には、予め精神的なストレスに起因するこうしたメカニズムを認識し、原因が精神的なストレスである可能性に注意を払うことが大切なのです。

主な対処法

こうした精神的なストレスに端を発する頭痛の予防や治療を行う際には、精神疾患の専門医を受診することが有効です。そしてこれらの専門医における治療の中心となる手段が投薬治療です。精神疾患の専門医が処方する治療薬の主なものとして、アセトアミノフェン、NSAIDs、トリプタン製剤、制吐剤などが挙げられます。これらの薬の内、アセトアミノフェンやNSAIDsは安定した鎮痛効果が期待できるため、頭痛の程度が軽い場合に処方される傾向があります。そして、アセトアミノフェンやNSAIDsで十分な効果が得られなかった場合や頭痛の程度が重い場合に処方される傾向があるのがトリプタン製剤です。また、吐き気などの随伴症状が重い場合に処方されるのが制吐剤で、頭痛そのものを抑える直接的な効果は無いものの、随伴症状の緩和に効果があります。そして、精神疾患の専門医では投薬治療と並行して患者の生活習慣を改善するための指導を行うケースも少なくありません。というのも、生活習慣の乱れは精神的なストレスを生み出す作用がある上に、他の要因によって生じる精神的なストレスの助長作用もあるからです。また、精神疾患の専門医では精神的なストレスによって生じる頭痛の症状が日常生活に支障を来すほど重い場合や、発生頻度が多い場合には予防薬を処方するケースもあります。予防薬の種類は多岐に渡っていて、患者ごとに効果の差が大きいため、処方された予防薬の効果を患者がフィードバックしながら、個々の患者に最適な予防薬を探し出していく流れとなります。このように精神的なストレスに起因する頭痛は、治療も予防も患者ごとに適した薬が異なる傾向がありますので、処方された薬の効果に関する患者からのフィードバックが大きな意味を持つことを認識しておくことが大切です。